Lily's Diary

リリーズニュース

カテゴリ: 記事

2日目は、銀河・流星の滝を見学後、待望の「塩狩峠記念館」へ。実際に今も列車が運行している線路や駅名標を見ると、実話に基づいた話なのだと実感します。「塩狩峠」駅から和寒方面へ約3㎞地点が、長野政雄の殉職現場だそうです。映画のシーンそのままの自然に囲まれた駅でした。
1719233061370
記念館では、長野政雄研究の第一人者・中島啓幸さんのお話をお聴きしました。何より感動したのは、長野政雄が列車に飛び込んだ時に胸ポケットに入れていた、血のついた聖書を拝見したことです。命を捧げて多くの乗客を助けた信仰が迫ってきて、手が震えました。そしてイエスキリストの十字架の死が重なって、胸が熱くなりました。死よりよみがえり、救いを与えてくださったイエスの愛、感動です。
IMG_20240622_094102
IMG_20240622_095903
「泥流地帯」の文学碑、パッチワークの丘、青い池の圧巻の美しさを堪能し、夜は、「ホテルOMO7」でのモリユリコンサート。早朝からずっとバス内や各地で証し、準備の時間も限られた中でしたので心配でしたが、すべて守られて、心から賛美し証することができました。多くの方が涙しながら聴いて下さいました。深い深い主の臨在に満ちていました。。。
霊的な恵みとは別に、ある方は、「ご馳走を食べて、ステキな宴会場でのコンサート。完全なディナーショーだったわぁ。文学ツアーでディナーショーまでついているとは~すごい感激!」と喜んでくださいました。本人は、大変でしたが~、主が支えてくださった恵みの時になりました。主に栄光
1719233092366-1
1719233499072-1
3日目の最終日は、綾子さん光世さんご夫妻が通われた「旭川六条教会」、綾子さんが前川正さんを通して信仰決心をした「春光台」や有名な旭山動物園、イングリッシュガーデンの上野ファームなどを見学。空港に着くと、みんなずっと前からの友人のように、別れが寂しく感じました。またの再会を約束しつつ、祈りと共に解散。
このツアーのため、行き届いたご準備をして下さった礒川さん、原島さん、ワールドビューの渡辺さん、河村さん、そして随所でメッセージを語ってくださったチャプレンの込堂先生に心から感謝を申し上げます。そして参加者のお一人お一人の皆様~、本当にありがとうございました!また逢う日まで
IMG20240621102036

ハレルヤ!6月20日~22日「三浦綾子文学ゆかりの地を巡る心の旅」は、素晴らしい恵みの3日間となりました!約50名の方々と共に、三浦綾子さんゆかりの場所や旭川の名所を巡り、中身の濃い充実した時を過ごしました。バス2台の大所帯でしたが、みんな主の家族となって~和気藹々とした雰囲気でした
1719233137214-0-1
三浦綾子記念文学館は、1998年のオープン直後に訪れたことがありますが、今回訪問して、三浦綾子さんの作品の背後にある信仰、祈りに触れ、「生きるとは」という語りかけを受けました。たくさんの資料やDVDを拝見できたり、カフェもありますので、もう一度個人的に訪れたいなぁと思いました。
事務局長さんに「初めまして」とご挨拶したら、「ユリさん、私メロディ会員ですよ!」とおっしゃられて、びっくりすごく嬉しかったです。
1719233216313-0
訪問した「旭川めぐみキリスト教会」は、福音歌手として原点の一つの教会です。「NHK歌のお姉さん」だった時、人生初めての教会コンサートに、NHKのディレクターだった稲葉さんが来られていて、「旭川の教会でコンサートを~」とお声をかけて頂きました。≪クリスチャン歌手≫としてご依頼を頂いてコンサートを行なった第1回目の教会でしたので、忘れられないです。あれから30年!?「道ありき」ですね~。主の恵みを噛みしめました
IMG20240622092756-1
メロディ会員の方々、イスラエルツアーメンバー、以前コンサートに来られた方々など、嬉しい再会もいっぱいあって、本当に楽しかったです。(↓写真は、スタッフチームの込堂先生、礒川さん、渡辺さんです。)
「6月の旭川は、日本で一番美しい」と綾子さんはおっしゃったそうです。まさに美しい旭川を満喫しました!2日目は、「塩狩峠」に向かいます
IMG20240621163813-1

6月10日(月)、一年に一度の「理事総会」を行いましたこの総会は、当事務所にとって一年の総まとめとなる大切な会です。関東からも理事・監事の方々がお越し下さって、毎年この時期に行っています。昨年は、前理事長である父の追悼会も兼ねて京都の料亭で行いましたが、今年は通常総会で、当事務所にて開催。でもその前に、加賀料理のお店で昼食を共にしましたランチでしたので、あまり加賀料理っぽくなかったですが~(笑)、個室でしたので、美味しくゆったり戴きました
PXL_20240610_031806817
総会では、昨年度の会計報告が一つの大事な項目です。お陰様で、皆様のお祈りとご支援によって昨年度(2023年4月1日~2024年3月31日)も守られ、ほぼコロナ前の水準に戻りました。とはいえ、課題は色々ありますので~、さらに祈りつつ乗り越えていきたいと思います。理事長(母)も、元気で挨拶してくれて、本当に支えられています。
昨年度の活動報告では、72回のコンサートや集会での賛美、10回の講演やメッセージ、そして毎週木曜日放送のラジオ番組、毎月5回のボイスレッスン講師とすべての活動を恵みの内に行わせて頂きました。カナダツアーの帰国後にコロナにはなりましたが~(涙)、それ以外はとっても元気で臨めたことを感謝しています
PXL_20240610_040719780
事務所の奥スペースでは、いつも佐織ちゃん、モモちゃんがお仕事を頑張ってくれています!お二人の誠心誠意のお働きにどんなに感謝してもし尽せない思いです。
いつも本当にありがとう
PXL_20240610_014924723
今年度が始まってすでに2カ月ですね。来年の総会でも感謝し合えるように、一歩一歩主に在って頑張っていきたいと思います。来年は、母の米寿のお祝いも兼ねて行なえたら良いなぁ~お母さんも皆さんも、どうか元気でいてくださいね
PXL_20240610_070531421

弟の恩師、五百旗頭真先生が天に召されました。弟は、五百旗頭先生に師事したくて神戸大学に入ったのです。そして五百旗頭ゼミで学び、ジャーナリストを目指しました。弟は、先生のことを「いおきべの親父」と呼んで、父のように慕っていました。探求心旺盛だった弟は、疑問に思うことがあると、夜中でも「親父のところに質問に行ってくる」と言って、五百旗頭先生のご自宅に押しかけ、色々と質問をしていたようです。そんな熱心な生徒である弟を、五百旗頭先生も本当に可愛がってくださいました。
今、弟は先生と天国で再会し、思う存分質問をしていることでしょう。。。
昨日、記者の方から取材があり、今朝の読売新聞朝刊(3月8日付)に私のコメントが掲載されました。
恐れ多くも、天皇陛下のお言葉の前ですが(^^;)、弟の命がつないでくれた出会いを改めて感謝しています。ご遺族の方、関係者の皆様に、主の慰めがありますよう心よりお祈り申し上げます。
IMG_20240308_094623

♬幸せなら手をたたこう♪~誰もが口ずさんだことのあるメロディ。自然に手をたたきたくなる歌ですね。色んな国の言葉でも歌われているので、てっきりアメリカで生まれた歌かなと思っていました。それがなんと、日本人の木村利人さんという方が書いた詩であることを知って、とても驚きました。しかも、詩篇47篇1節の御言葉を基にして書かれた歌詞であることは、さらなる驚きでした。
数年前、木村利人先生と共に、CD「しあわせなら手をたたこう」を制作させて頂きました。そしてこのたび、その誕生秘話を描いた「漫画」が発売されたのです!「漫画」といっても、子供向きのものでなく、戦争と日本の歴史がきちんと描かれた、内容の濃い作品です。私は、その書評を書かせて頂き、改めてこの歌が本当に深い平和への祈りとメッセージがこめられた歌であることを教えられました。ぜひ皆様にも、読んで頂きたい作品です!いのちのことば社フォレストbookより発売、1冊1400円(税別)書評は、「いのちのことば4月号」に掲載予定。とってもおススメの1冊ですIMG20240221165237

このページのトップヘ