Lily's Diary

リリーズニュース

公式サイト▶︎https://moriyuri.com/

前回の旅寄稿④から3週間が経ってしまいましたが、「トルコ地震被災地支援旅寄稿」続きのレポートです!まずは嬉しいお知らせから。大変な地震被害を受けたサマンダー市に、ハンガーゼロの支援によって、幼稚園が建設されたのです!日本の皆さんの支援が確実に実を結んでいることは、大きな喜びですまだ内装工事等これからですが、きれいな園舎がほぼ完成し、壁には「ハンガーゼロ」のロゴも張ってあって~、この建設に関わっておられた申スタッフも感無量の表情でした
ハンガーゼロ幼稚園にて-1
ハンガーゼロ支援幼稚園園舎にて申スタッフ
私達の訪問に合わせて、「オープニングセレモニー」が行われ、サマンダー市の教育長さんたちと共に、テープカットを行いました幼稚園は、建物だけでなく、先生・教える内容・カリキュラム等々が必要なので、市の教育庁と連携して運営していかれます。地震は辛いことですが、ここに子供たちが学ぶ施設が出来たことは、特別なことだと喜びがあふれました
ハンガーゼロHPの動画もご覧下さいませ↓

森祐理親善大使トルコ地震被災地訪問 〜幼稚園建設〜
 
https://www.youtube.com/watch?v=RYOHj1DMOPE

IMG20240417141222
セレモニーの後、記念コンサートも行いました。子供たちも大人も大喜びで盛り上がった時になりました!トルコ伝統楽器サズ奏者のエルドアンさんとコラボして、「ウスクダラ」を歌ったこともすっごく楽しかったです!その動画がありますので~ぜひお聴きくださいませ
幼稚園開所式コンサート

ハレルヤ!5月18日(土)美しく晴れ渡った日の午後、箕面東教会にてチャペルコンサートを行いましたこの会堂でコンサートを開くのは初めてとのこと。なので~、教会員の皆様も牧師先生もしっかりと祈りを積んでこの日に臨んでくださいました。「何人位来られるかも見当がつかないです」とおっしゃっておられましたが、会場の30分前から車がどんどん入ってきて、駐車場係の方も大変。ぞくぞくと集まってこられるお客様を見て、教会の皆様は、どれほどホッとされ、主の恵みを感じられたでしょうか。私も始まる前から感激して主をあがめました1716340275895
お客様は、ご年配の方も多かったので、被災地で良く歌う懐かしい曲も交えて歌いました。最初から皆さん大きな声で歌って下さり、中盤で歌った「まぶねのなかに」では、讃美歌の本をもって立ち上がって歌って下さった方もおられて嬉しかったです!後半は、やはり涙をこぼして聴いておられる方が多かったです。被災地でもそうでなくても、皆、様々な悩みを抱えて生きておられます。。そこに、主の愛の救援物資をお届けすることが私の役目だと思わされました。深い深い主に愛が満ちていました
1716340444001
1716340288962
実はこのコンサートは、Sさんという方のご協力の元、開催されました。Sさんの祈りが実を結び、多くの方々へ主の愛を届ける伝道の機会となったことを感謝しています。Sさん、本当にありがとうございますこの場をお借りして御礼申し上げます
1716340260409.jpg-1
教会の加藤先生はじめ前畑長老ファミリー、山本長老、皆々様の誠心誠意のお支えにも感謝でいっぱいです。シャトレーゼのお菓子もヨーグルトも嬉しかったです!ドレスとピッタリの色の花束は、母が大喜びして玄関に飾っています。またお会いできる時を願いつつ、恵みあふれるチャペルコンサート、こんな働きをおばあさんになっても続けていきたいなぁと思わされた日でした
IMG20240518162029_01

小松教会での復興支援の集いを終え、そのまま富山県の氷見市へ。翌日は、そこから車で40分程の所にある七尾聖書教会でのコンサートです。この日は「母の日」でしたので、午前中は「父母の日コンサート」として、併設の「光の子保育園」のお友達やその親御さんたちをお迎えして賛美を捧げました!
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3110
子供たちは元気いっぱい!若いパパママも礼拝を共に捧げて下さり、とても良い時間になりました。子供たちの特別賛美「ハ・ハ・ハレルヤ!」も思いっきり大声で歌ってくれて~子供パワー全開でした
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_2290
「海と空つくられた主は」を手話で一緒に歌いました。前に出て一緒に手話してくれた男の子。すごく一生懸命で~可愛かったです
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_2302
子供たちは、能登半島もトルコも同じ、輝く瞳をもって、未来への希望ですね。七尾市は、大きな被害を受けた場所ですが、子供たちは元気に頑張っていました!そしてその姿を見る大人たちも元気付けられています。一緒に歌いながら、私も力を与えられました
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3085
午後は、一般の被災者向けコンサート。地域の方々がお越し下さって、懐かしい歌や賛美歌を歌いながら心つなぎました。やはり最後は涙、涙になってしまうのは、まだ本当に辛い中におられるからだと思います。教会の周囲もつぶれたままの家家があり、復興も先が見えないです。共に泣きながら歌いました
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3263
牧師の梶山先生は温かいお人柄で、やはり震災支援に尽力されておられます。最後は、先生とも一緒に歌いました。教会には、たくさんの支援物資が届いていて、この日ご参加くださった方々にも、袋詰めされた生活必需品を配っておられました。トイレットペーパー、生理用品…まだまだ支援物資の必要があることを思わされました。
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3283
「全国友の会」からは、数百個ものクッキーの小袋が届いていました。そしてその外袋には、一つ一つ手書きで励ましをメッセージが書かれていたのです!色々な種類のクッキーを焼くのも大変ですが、一枚一枚メッセージを書いて貼るのも大変だと思います。被災地は、こんな優しい愛を目の当たりできる場所なのだと感じました
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3147
最終日の13日月曜日は、「つばさの会」でのコンサート。ここは知的障害を持つ方々の施設で、体育館には100名近い方々が大喜びで集まってくれました。喜ぶと、飛んだり、走ったり、叫んだりされます。でもそれは喜びの表現なのですね。私も嬉しくなって、歩きながら歌いました。ここでのコンサートは、写真が出せませんが、皆さんの嬉しそうな表情は私の瞼に焼き付いています。救急車のサイレンや風の音も怖がってしまう方々なので、地震はどんなにか恐ろしかったと思います。歌を歌いながら、また希望をもって明日に向かって歩いてほしい、そう願いました。
各地で5回の支援コンサートをさせて頂いた「第2回能登半島地震支援ツアー」も、かけがえのない出会いと心をつなぐ時となりました。現地はまだまだ厳しい状況ですが、これからも支援の手をあげていきたいと思います。能登半島地震被災地の皆様に、一日も早く本当の笑顔が戻りますよう祈りながら
荳・ーセ閨匁嶌謨吩シ壼壕蜑榊壕蠕・DSC_3256

このページのトップヘ